トップ «前の日(03-29) 最新 次の日(03-31)» 追記

2003-03-30

_ Windows 2000 に IIS 5 を起こしていなくても危険な穴

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/NEWS/20030325/1/

うげっ。

でもね、WindowsUpdate ってときどき当てると調子悪くなるのよね。インターネット向けに大公開してる 2000 は…。えーと…。うーん、と。

Tags: MS Security

2004-03-30

_ やっぱり rsync の罠

include=*/ しか書かない方法 だとカレント以下の不要なディレクトリまでコピーされる。-C での CVS ディレクトリの ignore も、内容はコピーされないが CVS ディレクトリは生成されてしまう。なんだかなぁ。やっぱ Unison か? 誰かテストしてくれー。

Tags: Tool

_ 買う

Ruby 熱が冷める前に、Ruby のコードが割と読めるうちになめておきたい。

Tags: Book

_ ちょっとした野望

blosxom の Ruby 版のようなものをちまちまと作っていきたいな。説教講座の改修がもちろん終わったらだけど。何でかって言うと、何度も言うが手軽に静的 HTML が生成したいから。そのための仕組みとして tDiary も VikiWiki もどうもイマイチ使い勝手がよくない。blosxom ではコマンドラインで起動すれば静的 HTML の生成が可能だが、xrea 上じゃそんなことできないし、どうにも面白くない。

そこで最小限の機能で自作しちゃえってこと。

それか BitChannel をこのサーバで動かすってのもいいな。いざとなったらそれがいちばん簡単だろうか。

_ ついに人生初の NDA か

いけいけごーごー(意味不明)

Tags: 日々

_ 戻った

misc/plugin/blog-style.rb と tdiary/blogio.rb を外したら blogkit 適用済みではなくなった。(もちろん conf も戻したつもり。)

あーよかった。

Tags: Web Tool

_ tDiary プラグインチェック

戻ったついでにプラグインのリストからコメントへのリンクをつらつらとたどる。この辺の操作性は tDiary をアップデートして確実によくなったと思う。

さて、目的のものらしきものが見つかった。

これが使いこなせればかなり便利そうだ。あとはオリジナルテーマの作成ができればそのまま説教講座のトップページに使えるんでねーかと目論んでいる。自作 blosxom はいきなりお蔵か?

しかしなんだな。tDiary がだんだん馴染んでくるって話は本当かもしれぬと思ったり。デフォルトの使いにくさは単に自分が Wiki に慣れすぎていた&カスタマイズ疲れで内部を調べる気にならなかっただけかー?

Tags: Web Tool

_ 風邪気味

やっべーなぁ。明らかに引き始めの症状だ。葛根湯とビタミンと野菜ラーメンだけで回復できるか? 今日は早く帰ろう。

Tags: 日々

_ Ruby 1.8.1 上げ

ふと BitChannel を動かしてみたくなって、とりあえず Ruby だけ 1.8.1_2 を make install. なぜ make install かと言うと、portinstall がうまく動かなかったから。なんでやろ。

気持ち、tDiary の反応がいい気がするけど、どうなんだろう?

Tags: Tool

_ GNU grep 2.5

なんか --exclude オプションができてる。今のところ自分の使える環境では 2.5 は cygwin でしか試せないけど、このオプションは ~ ファイルができやすい CVS 環境ではかなり便利な気がする。不要なファイルが検索対象にならないので作業効率がよさそうだ。ただディレクトリまるごと exclude はできないようで、その点は残念。

Tags: Tool

2006-03-30

_ public の概念と Google 八分

サイバーエージェント運営のウェブサイトの一部がGoogleから削除される (/.-j)

タレコミ文にある「公共的」という言葉に過剰反応するスレと化している…。

日本では public の概念が希薄あるいはないという話をどこかで聞いたことがあるけど、そんな感じなのかな。

ところでこのストーリーの中でも書かれているけど、Google が不正と判断した場合の対処って、削除じゃなくて pagerank を強制的に最低にするっつー処理じゃダメなのかな? 内部的にも削除じゃなくて非表示扱いとかなんだろうし、存在そのものをなかったことにするかのような操作はちょっと行き過ぎてる気がする。

Google が意図的に検索結果から特定のサイトを除外する行為そのものを否定する気はないんだけど、SEO 絡みについては pagerank の範囲内での操作にとどめるべきじゃないかってこと。他の(大人の事情などの)要因のない SEO の場合は、pagerank に始まり pagerank に終わる方が一貫性があってすっきりすると思う。

Tags: Web ことば

2007-03-30

_ NeoOffice 2.1 が出た!

まだニュース見かけないからとりあえずそんだけ。

今から落とす。

Tags: OSX

2010-03-30

_ Tracのチケットに時間を入れる

目前の課題はともかく、今後のことを考えるとやっぱ時間の計測は必要だなと思ったので、以下を参考にとりあえず数字を入れる場所を用意することにした。

TracTicketsCustomFields – The Trac Project

入れるだけなら以下のような記述を conf/trac.ini に書けばイケる。

[ticket-custom]
time_actual        = text
time_actual.format = text
time_actual.label  = 消費時間(h)

time_expect        = text
time_expect.format = text
time_expect.label  = 予想時間(h)

これで ticket の末尾に予想時間、消費時間がいい感じに追加される。期待通りに「予想時間」の方が「消費時間」よりも前に出てくる感じになるんだけど、なぜかは分からない。単純に key の辞書順に並んでるなら消費時間の方が前に出てきそうなもんなんだけど。

試しに ticket を作ったら ticket_custom という table に以下のようなデータが作られた。

select * from ticket_custom;
ticketname value
111 time_expect1
111 time_actual

※ ここで 111 は ticket ID, 1 は予想時間を1時間と入力した値。

ははぁ、なるほど。

View Tickets の query を書き直さないと実際には嬉しくないかもしれない。一応やってみたけど、これ全部の query に反映させるのはホネだし、なんかうまいこと設定ファイルかコマンドラインで変更できるのかなぁ?

SELECT p.value AS __color__,
   milestone||' Release' AS __group__,
   id AS ticket, summary, component, version, t.type AS type,
   owner, status,
   time AS created,
   changetime AS _changetime, description AS _description,
-  reporter AS _reporter
+  reporter AS _reporter,
+  e.value as expected,
+  a.value as actual
  FROM ticket t, enum p
+   LEFT OUTER JOIN ticket_custom e ON (t.id = e.ticket AND (e.name = 'time_expect'))
+   LEFT OUTER JOIN ticket_custom a ON (t.id = a.ticket AND (a.name = 'time_actual'))
  WHERE status <> 'closed'
AND p.name = t.priority AND p.type = 'priority'
  ORDER BY (milestone IS NULL),milestone, p.value, time

なんか。なんか気持ちよくない。SQLも得意じゃないので本当にこうなの?っていうすごくモヤモヤした感じ。

Tags: Trac
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ hikaruworld [hoge.orderで順番を設定できたはずですよ。 (hogeはtime_expectとか。)]

_ wtnabe [おぉ、ありがとうございます。]


2013-03-30

_ Kanazawa.rb meetup #7 行ってきました

いつものように日記も兼ねているので書いた日と日付はずれています。

今回は平鍋さんを招いてのアジャイルプラクティスとプロジェクトファシリテーションの概要の話とLT大会でした。

金沢(Kanazawa.rb)でアジャイルの話をしてきました。:An Agile Way:ITmedia オルタナティブ・ブログ

上はメインスピーカーの平鍋さんのブログですが、話し終わってから「疲れたのでLTやめるわ」と言っておきながらこれだけの観察と参加を続けていればそりゃ疲れますよね。ありがとうございます。

地方の会で、独特の雰囲気があった。MC清原さんや司会渡辺さんがやわらかい場を作り上げていた(なにげなく、でもしっかりした仕事していた)。結構、最初の導入や自己紹介、全体のアジェンダの作り方ってコツと回し方があって、そこまで作りこんであったし、LTや「告知タイム」までデザインされていた!

見られてる見られてる(笑

こちらの意図はほぼ全部伝わっているようで、ありがたいことです。そうです、

平鍋さんを招いただけではmeetupはできないのです。

今回、自分の中にははっきりと目標があって、それは

メインセッション以外は平鍋さんにもオーディエンスとして楽しんでもらう。アジャイルに興味があって来たいつものメンバー以外の人にも楽しんでもらう。そしていつものメンバーも楽しむ。つまりみんなが楽しむ。

です。ここはしっかりとMCきよぽんと共有して進めています。はい。

でもこの最も大事な話を最も @hiranabe に心酔している @libero_18 と @haraguro3 は聞いていません(笑 ここはすごく残念であったよ(笑

これに近いことは meetup #6 の懇親会で酔っぱらいながら語っていました。Kanazawa.rb にとって meetup #7 はすでにあのとき始まっていたと思います。

もっとも、プログラムの組み方、準備の進め方は決して順調ではありませんでした。かなり迷走、苦労がありました。とは言え、なんとか平鍋さんには伝わったことが分かってほっとしています。みんなも楽しそうでとてもよかった。

どうですか。 Kanazawa.rb けっこういいでしょう?

もちろんこれはぼく一人でやったことではありません。出した指示をこちらの期待以上の動きで昇華してくれるメンバー、勝手に自分でタスクを引き受けてぐいぐい進めてくれるメンバーがいます。今の Kanazawa.rb は半年前のよちよち歩きのときとは違います。そして今このタイミングでの平鍋さんの話は、さらにコミュニティとして強くなるきっかけになると思っています。(実はぼくの期待は半分そっちにあります!)

平鍋さん、手伝ってくれたみんな、参加したみなさん、参加できなくて歯ぎしりしてるみなさん、遠くからこっそり RT してくれる Ruby コミュニティのみなさん、近くからいつも RT してくれる地域のコミュニティのみなさん、ありがとう!!!

次回 4/20(土) もみんなで楽しもうぜ!