トップ «前の日記(2009-08-06) 最新 次の日記(2009-08-13)» 編集

2009-08-09 [長年日記]

_ SDHC へのファイルのコピーに失敗して規格を学ぶの巻

投げ売りの SDHC 買ってきたんですよ。4GB かな。別に自分でガッツリ使いたかったわけじゃなくてデータ入れて「あげる」用なんだけど、そのとき Finder でファイルをコピーしてたらなんかコピーできてないファイルがあるんですよね。何回やってもダメなんで諦めて rsync でコピーしちゃったんですけど、

普通の人は Finder でコピーできなきゃもうどうにもならない

でしょ。これはまずいんじゃないかなぁ、なんでだろうと思ったんだけど SD カードについて調べているうちにその辺の話はどうでもよくなって、なんか知らなかったことがいっぱい出てきて嬉しくなってしまいました。

  • SDHC は FAT32 なので 32GB までイケる

あぁ、SD カードは FAT16 だったのね。

  • FAT32 なのに 32GB までに制限してあるのはなぜかそこまでに制限してある Windows 標準のフォーマッタに合わせてあるのだろう

あの制限、ときどき困るよねぇ。

でも 32GB って半端ですよね。その上の容量が欲しくなったらどうすんだろうというか、HD なムービーが当たり前になってきた昨今では 32GB なんてあっという間なのではとか思ったら exFAT というベツモノが出てきました。

exFAT - Wikipedia

なになに、

  • NTFS の向いていない用途(要するに組み込みか?)向け
  • FAT とは互換性なし
  • これに対応する SD カードの規格は SDXC

FAT と互換性がないんすか。Mac や Linux でも安心して使えるのかなぁ? なんかちょっと不安ですね。

[追記]

「NFTS-3G」のTuxera、「exFAT」の知的所有権で米Microsoftと合意 - SourceForge.JP Magazine

Tags: Disk