トップ «前の日記(2010-05-30) 最新 次の日記(2010-06-01)» 編集

2010-05-31 [長年日記]

_ coLinuxへsshするときは子ネットワークのIPアドレスへ

いや、単にネットワークの設定をちょっと忘れてしまったのでメモし直し。

というのもちょうどcoLinuxの設定をした辺りに親Windows*1の方で有線LANを使ったり無線LANを使ったりしていて、その度に、「あ、このやり方だと繋がる」「このやり方だと繋がらない」とかややこしいことになっていたのと、その後しばらく Windows + coLinux を使わなきゃいけない事態も少なくなっていたので、要領がよく分からなくなってしまっていた。

しばらくしてPocket Wifi を手にしたので、Windows を WiFi 一本にすれば話を単純化できるなと思ってそうしていたんだけど、肝心の coLinux の方の設定方法をやっぱり忘れていて、ssh できなくなっていた。

ポイントは

coLinux の立ち上げ方、console の見方を忘れていた

というすごい状態で、これは andLinux を入れているので

  1. スタートメニューから start andLinux
  2. 同じスタートメニューから andLinux Console

でログインして実現できた。で、

$ /sbin/ifconfig

して IP アドレスを確認。sshd は自動で立ち上がるようになっているので、あとは coLinux の IP アドレスへ向けて好きな terminal で ssh で繋げば ok.

このあとはもうこの使えない console は必要なくて、閉じてしまえばよいし、設定変更しないなら coLinux への接続を terminal の設定で保存しておけば二度と設定を確認したりする必要もない。

※ この際ネットワークのゾーンが全然思っていたのと違っており、"GATEWAY = TAP の IP アドレス"も違っていたので、これを設定し直しておいた。確かここが無線と有線切り替えて使うときにいちばん邪魔くさかったところだったように思う。

あとは andLinux がもう古いので Portable Ubuntu に移行しなきゃと思っているんだけど、X なしの設定が楽にできるかよく分からないというのと面倒くさいので放置している。

Tags: Linux Win Net

*1 netbook U100