トップ «前の日記(2010-06-01) 最新 次の日記(2010-06-06)» 編集

2010-06-05 [長年日記]

_ PYTHON-FIT 2回目

北陸でネットワーク越しに Python を勉強しようの会2回目が行われた。内容はチュートリアルなんだけど、

  • 石川の社会人組が KIT から卒業し、金沢駅西APAの中のシアトルズベストコーヒーへ
    • 同時にいつものインフラ支援を受けられない状態
  • 実は自分の機械で複数人の参加する Skype の音声チャットにそれなりに長い時間参加したのは初めて
  • ヘッドセット使うのも初めて

ということで今回も Python ネタ以外にいろいろ勉強になった。

ヘッドセット

Skype で使う場合は本体の環境設定の音声入出力とは別に Skype の方でも音声入出力に使うデバイスを指定する必要があった。なんか得意になって身構えていたのに本体から音が出ててまぬけなことに。

やはりテキスト以外の情報には信頼できるネットワークが必要

今回利用した石川の会場で拾える Wifi 3つのうち、2つは IP アドレスが取得できず、1つはセッション数の関係か急に詰まって使いものにならなくなった。スピードテスト的には 1.3M 出て申し分なかったんだけど、長時間音声およびテキストでチャットし続けるので、瞬発力ではなく持続力が必要。

e-mobile + PocketWifi は調子にもよるけど Skype 音声2人分を問題なく捌ける

前回の KIT 会場ではヘロヘロだった 3G 回線だったけど、今回の金沢駅周辺では文句なしに使えた。この辺、ビーンズとかにしておかなくてよかった。ビーンズのタリーズは e-mobile の電波弱すぎるのでこんな芸当はまず無理。

場所重要

今回はたまたま隣のテーブルがうるさかったが、比較的静かでかつ電波状況もよく、かつ電源*1にも駐車場にも困らない場所ということで、このシアトルズベストコーヒーはかなり侮れない。

問題はちょっと周辺の駐車場が高い(1時間300円が相場)ことかなと思ったけど、ちゃんと探すと1時間100円や2時間100円の駐車場がある*2ので、そういうところを使えばもっとずっと気軽に利用できる場所だと思った。まぁ、人数的にはせいぜい 1〜3人程度かなとは思うけど。

今日はなんだかんだで1700円くらい使ってる*3けど、次回以降はもっと安くできそう。

※ あとで分かったが、建物の作り上、どうしても音が反響してしまい、雰囲気に反して騒がしくなってしまうようだ。これが Skype の向こうの人には多くのノイズとして伝わってしまうので、一人で黙々作業するには良い場所だが Skype する場所としては向いてないという結論になってしまった。

Python は?

  • トリプルクォートを複数行コメント代わりに使うみたい
  • 標準で虚数とか複素数とか扱えるんだね
  • 数字のリテラルと数値のオブジェクトの違い
    • 3.real はダメで (3).real はイケるんだけど、この () は誰だろう?
  • interactive shell でだけ _ が使える
    • Perl, Ruby のように無制限で使えるわけじゃないのはいいと思う。
  • 文字列の repeat は意外にあるよ
    • Perl は x
    • Ruby, Python は *
  • 文字列は連結以外に連接もできる
  • ヒアドキュメント == トリプルクォートという理解でいいの?
  • 文字列の中の変数展開はどうなるんだろう? ないのかな?
  • スライスの記法は便利だけど、実際どう使うんだろう? 固定長フォーマットかな?
  • リストって配列じゃないの?
    • なんか勝手に単方向リストのことかと思ってスルーしたけど、よく分からないっちゃ分からないな
    • どんな種類のデータも突っ込めるのは非 LL 組からすると気持ち悪いらしい
    • リストのリテラルは [] しかないのかと思ったら list() ってのがあるらしい。tuple からリストを作るのに使える
  • Unicodeオブジェクトが少し謎

Unicode オブジェクトについては u記法がとても目につくので、Perl の utf プラグマのように utf フラグをユーザーが意識する必要があるのかと思ったけどそうではなくて、むしろ Python 3 の時点では Ruby の扱いに近くて、内部的には Unicode で統一されている、と考えると自分的にしっくりきそう。

逆に u記法のない Py3 時代には euc-jp で書かれたコード資産を活用するのは難しいのかなぁとか思った。Perl は昔のコードにはほぼ手を入れずに動くというメリットがある代わりにおまじないが増えた。Python, Ruby は積極的に非互換を作っている感じだろうか。個人的には Ruby の方がなんとなく古いコードを活かしやすそうに見えるんだけど、実際どうなんかなぁ。

地味にエスケープ地獄にならない ur 記法が評価されていたが、分かったような分からないような。Java 書いてないからかもしんない。elisp ではエスケープ地獄うざいと思うが、あまり他の言語で気になったことがない。

Tags: Python Study

*1 一部の席で使える

*2 さすがに少しだけ余計に歩く

*3 サンドイッチ食べたしコーヒーおかわりしたし、駐車場が800円掛かった。