トップ «前の日記(2010-06-07) 最新 次の日記(2010-06-10)» 編集

2010-06-09 [長年日記]

_ 今度こそgit status, commitをsvnに近づける

結論から言うと

$ git status -uno
$ git commit -uno -a

です!

なんでこんなに苦しんだかっていうと、

git help status

で情報が得られないからでした。

git status -x

とか、適当にエラー起こしたら出たよ。どうなってんの!*1しかもこれは help を得るためのコマンドの使い方じゃないから、実際に git リポジトリの中にいないと help を見ることができない。

不便すぎる。いちばん大事なはずのコマンドなのに超不便すぎる。で、分かったことは

   -u, --untracked-files[=<mode>]
                         show untracked files, optional modes: all, normal, no.
                         (Default: all)

というオプション。これを使って

git status -uno

としたら tracking してないファイルのリストが出てこなくて見やすくなったよ! ということで alias を

[alias]
    stat = status -uno

こうしておいた。これで

git stat

って打ったら svn stat 相当の表示になる。よしよし。やっと快適になったよ! 長かったー。

あとこのオプション、status だけのものではないので、

git commit -a -uno

ってやると commit 時のファイルのリストも svn 相当になる。うむうむ。

*1 実は git help commit の方にまとめて出てるからです。