トップ «前の日記(2010-08-18) 最新 次の日記(2010-08-27)» 編集

2010-08-21 [長年日記]

_ GeohashのグリッドをGoogle Maps上に再現するツール書いた

一ヶ月ほど前に Geohash を知って以来とても興味深く思っていたんだけど、ふと「グリッド」に自由が利かなくて不便な気もして、とりあえず直感的に目視できるツールが欲しくなったので作ってみた。

できること

  • Geohash を与えるとそれを Google Maps 上に展開する
  • 現在の Geohash と Map の Zoom level を表示
  • Map を scroll させるとちゃんと Geohash のグリッドが追随する
  • 上の情報を Fragment ID と同期しているので URL を人に渡せる
  • ついでに Geocoding も

必要なもの

  1. davetroy's geohash-js at master - GitHub から geohash.js
  2. Rake
    • 上の geohash.js の取得や初期値などの反映に必要。ただし手で書いてもらってもよい。

入手

gist: 541945 - Geohash Visualizer- GitHub

から git clone か download でどうぞ。

すぐに動かしたい人向け

Geohashエリア確認ツール

に置きました。iPhone でも試せるサイズにしてあります。

感想

Rake むずい。でも便利。

じゃなくて。

Geohash は面白いんだけど、例えば「金沢駅西エリア」を人間の意図通りに一つの Hash 文字列で表現するのはちょっと難しい。(四つ合わせると金沢駅周辺を表現することはできる。)こうなると文字列の前方一致だけで包含関係を表せるという Geohash のメリットはちょっと微妙なんじゃないかと感じている。「○○周辺」みたいなボカした表現にせざるを得ないのかなぁ。カーナビならそれでもいいんだよな。

参考

複数のGeohashでどのようなエリアを作れるか確認できるツールを書いた

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]
_ hikaruworld (2010-08-24 12:52)

Geohash便利ですよね。アルゴリズムも難しくないし。 <br>ちなみにGeoHexってのもあります。

_ wtnabe (2010-08-24 20:36)

GeoHex の方は先に知っていたのですが、いちばんの難点はビジュアル表現かなと思っています。シミュレーションゲーマー以外は「このエリアです」って情報を hex で表現されたら戸惑いますよね(笑) 内部表現として使うとか、工夫が要るなぁという印象ですね、今のところ。

_ まこと (2012-12-03 23:54)

google map api v3対応の確認ツールを作成しました。 <br>zoom levelが指定できなかったり、スクロールじゃなくてクリックだったりしますが <br>良かったら使ってください。 <br>http://geohash.2ch.to/ <br>