トップ 最新 追記

2011-11-07 [長年日記]

_ Linuxのxargsには--no-run-if-empty付けとけ

知らなかったというか面倒で放置してた。

cronで定期実行するスクリプトの中に

find PATH CONDITIONS | xargs COMMAND

みたいなのがあったとして、これが時々エラー吐く、みたいなことがあったんですわ。あー xargs の呼び出すコマンド(例えば rm )に入力がないときにエラー出るんかー、変なのーって思いながら、ちょこちょこそれを忘れては引っかかり、をくり返していたんです。

なんでか今日分かりました。BSD の xargs を使った場合はそういうエラー出ないのです。だからすぐ忘れる。

GNU のバカーと思ったりしたのですが、man の恐ろしい量のオプションを読んでいたら

--no-run-if-empty

なんて文字が! なんてこった。というわけで実際のスクリプトの一部はこんな感じにしてみた。

BSD のクセに gnu findutils 使ってるとか cygwin 使ってるやつのことなんか知らない。

[2011-11-09 追記] 最近の BSD xargs には -r というオプションがあって、これが findutils の xargs の -r と同じ動作をするそうです。残念ながら OSX 10.6 の xargs には存在しなかったので普段使いにはできないのですが、サーバ周りでは共通のオプションにできるかも。

zsh の alias というブコメががあるんですけど、cron で zsh 使わないので、それは今回のケースにおいては解法としてニーズに合ってないっす*1

Tags: Unix Linux

*1 そもそも手作業のときは一度 find でリストだけ出すってのが習慣になってるので --no-run-if-empty もまったく必要ないんですよね。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ syohex [--no-run-if-emptyと同じ意味である -rオプションだと FreeBSD, NetBSD, Open..]

_ wtnabe [おーなるほど。とりあえず10.6のxargsにはないですけど、共通で使えるものはあるんですね。参考になります。]

_ のだ [grep のように引数が一つと二つ以上で出力形式が違う(引数一つだとファイル名が出ない)ものに対し、引数に /dev..]


2011-11-08 [長年日記]

_ Androidのロック画面回避にNoLockを使い始めた

これまでは

Widgetsoid2.x - Android マーケット

を使っていて、それなりにうまく動いていたんだけど、2週間前くらいから、どうやってもロックされるようになっていた。*1

で、なんとなく不便だなーと思いながら過ごしていたんだけど、なんとなく他にもアプリあるだろうと思って探したら見つかったのが

No Lock - Android マーケット

で、とりあえずうまくいってる。ウィジェットもあるのでデスクトップ上ですぐにロックの可否を切り替えられるのも便利。

ちなみに普段、信用できる人しか周りにいない場合はロックは掛けずに使ってます。ロックパターンを複雑にしすぎたからかもしれないけど、面倒くさいので。

Tags: Android

*1 関係あるかないか分からないけどバッテリの保ちが悪くなった