トップ 最新 追記

2012-09-22 [長年日記]

_ kanazawa.rb meetup #2 に参加してきました

9月はとにかく時間がないのは分かっていたので、8月中に施設の予約を済ませて、プログラムを考えてスピーカーにお願いして、あとは meetup #1 の写真をセレクトしていくつか上げたくらいで9月はほとんど準備してません。懇親会やイベント参加登録用の doorkeeper なんかは完全にお任せでした。ありがとうございます。

フタを開けたら meetup #1 と同じくらいの人数になって、ちょっと手狭だなーと思っていたら当日は少し大きな隣の部屋が偶然空いていたので急遽変更して開催しました。

今回は Sinatra を中心に、似たフレームワークが他の言語にも広まっている様子を Perl と node.js で紹介してもらいました。また Bundler のことが分かってないと今後の Ruby を使った開発などはつらいよなぁと思っていたところ、ちょうど興味を持って取り組んでいる様子を Twitter で見てその場で Bundler の話を振ったりしていたんだけど、振った自分もよく分かっていない話がたくさん出てきて面白い感じになったんじゃないでしょうか。ライブコーディングでトークの補強をしてる横でこっちはRailsの話をしていたり、少しずつ発散してきてるのがよい感じ。

本当言うとプログラム考えたり懇親会のネタ考えたりもみんなに参加してほしいんだけど、まだちょっとそこまでの空気にはなっていないので、次回は

No Progam

でいこうと思います。どう使うかは自分(たち)次第です!


個人的には9月の仕事の打ち上げ的な意味合いが大きくなったおかげでだいぶ飲みすぎてしまいました。反省。次回はほどよくいこう。


2012-09-30 [長年日記]

_ thinを試そうと思ったらOSX 10.7のabコマンドがぶっ壊れていた

背景

いろいろ開発環境がヘボいので少しでも良くなるかなと素振りとして自分の OSX 10.7 環境で thin を試してみようと思った。(これは先週の meetup #2の成果の一つでもある。)

ちなみに Rails 3 では(もしかしたらそれ以前から)は Gemfile に

gem 'thin'

しておくだけで rails server で WEBrick ではなく thin が立ち上がる。楽すぎる。

ベンチとろうとしたら

OSX 10.7 の環境で

clientlocalhostのab
serverlocalhostの(thin|WEBrick) + Rails

という方法でベンチマークを取ってみたところ、

なんと、WEBrickの方が速い。

なんじゃこれと思ってアレコレ悩んだんだけど、ログをよく見ると

thin が ab で指定した数より大量にrequestを捌いていた

ことが判明。はい?

何が起きていたか

つまりこうです。

thin速い
ab 壊れてる

悩んだ時間返せ。

これの解消のためには

  1. ab を入れ直す(つまり apache を入れる)
  2. ab じゃないベンチマークツールを入れる

の二択になりますね。

httperf入れてみた

せっかくなので以前から名前だけ知ってた

Welcome to the httperf homepage

を入れてみることにした。インストールは brew install しただけ。で、実際ちょっと試してみたんだけど、

  • option が多すぎるし長すぎるし
  • URL をスパッとコピペで渡せないし

手作業で常用するにはやや面倒な感じ。ab の方が慣れもあるけど簡単に使える。とは言え、選択肢があると今回のようなことがあっても安心なので使えて損はない。

rubyops/httperfrb

こんなんもあって、Ruby から使うという方法もあるけど、option が Hash になっただけのような…。それでもまぁ抽象化されて設定ファイルとして ruby コードに落とせるだけでもマシ、かな?

Tags: OSX Web