トップ «前の日記(2017-05-31) 最新 次の日記(2017-06-23)» 編集

2017-06-19 [長年日記]

_ Google Apps Script開発にstaging環境を用意してContinuous Deployment

背景

  • Google Apps Script 開発もモダンになっており、Git + GitHub + CI/CD な構成は実現できることが分かった
  • でもやはり master ブランチ以外は staging 環境の方へ deploy したい
  • しかし gas-manager などによる Google Drive API を利用した deploy の際には、deploy 先となるプロジェクトの Drive ID が必要になるので、Drive ID の切り替えが必要。しかもこの ID などの情報は JSON ファイル で保存されているのが前提

対処方法の基本的な考え方

  • deploy 前に (gas-managerで言う)gas-project.json や必要となる Spreadsheet の ID を差し替える仕組みを動かす ( preprocess )
  • 実行時に必要なパラメータは実行時にスイッチする仕組みを入れてもよいが、どうせ書き換えが必要な ID があるし、実行時の if スイッチが増えるのはバグが増えるのと同義なので、build 時に書き換えができるようにすればよい

具体的な方法

  1. パラメータの詰まった JSON を用意する
  2. gas-project.json などはこの 1 の JSON と template をもとに upload 前に生成する
  3. Browserify で実行コードを生成する際に、1 で用意した JSON から必要な環境の分だけを抽出した JSON を生成し、これを require する

これで実行時に必要なパラメータは実行時にコードの中に詰まっている状態になる。秘密情報でなければこの方法で埋め込んでしまうのがリーズナブルな解決方法だと思う。

gas-project.json の template は以下のような感じ。

gas-project.json.mjs

{
  "src": {
    "fileId": "{{fileId}}",
    "files": {
      "<scriptname>": {
        "path": "src/code.js",
        "type": "server_js"
      }
    }
  }
}

パラメータの詰まった JSON はこんな感じ。

gas-components.json

{
  "production": {
    "fileId": "",
    "targetBook": ""
  },
  "staging": {
    "fileId": "",
    "targetBook": ""
  }
}

全体像を図にすると以下のような感じ。

GASプロジェクトにpreprocessを入れてstaging環境への切り替えを実現する