トップ «前の日記(2019-01-28) 最新 次の日記(2019-02-01)» 編集

2019-01-29 [長年日記]

_ Laravelのtorann/cellsの使い方メモ

完全に順番が前後しちゃってるけど。

呼び出し方

@cell(name, template, attributes, action)

内部の動作の抜粋

class Cells
{
  ..
  public function get($className,
                      $template = 'display',
                      $attributes = array() ,
                      $action = 'display' )
  {
    ..
    $instance = $this->app->make($className);
    $instance->setDisableCache($this->caching_disabled);

    array_set($cells, $className, $instance);
    ..
    $instance->setAttributes($attributes);
    $instance->initCell( $template , $action );

    return $instance->displayView();
  }
}
  • Cellxxx のインスタンスを作り
  • initCell() を呼ぶ
class CellBaseController
{
  public function initCell( $template = 'display' , $action = 'display' )
  {
    $this->template = $template;

    $this->init();

    $data = (array) $this->$action();
    $this->data = array_merge($this->attributes, $data);
  }

  public function displayView()
  {
    $path = "$this->name.$this->template";
    ..
    return $this->renderView( $path );
  }

  public function renderView( $path )
  {
    return View::make('cells' . DIRECTORY_SEPARATOR . $path,$this->data);
  }
}

initCell() の中では

  • init()
  • action() を呼んで、そこでセットされた結果を View に渡すデータとして保存
  • displayView() を呼ぶ

displayView() の中では

  • template の path をセットして
  • renderView() に渡して renderView() が View::make する
実装時の注意点
  • View で利用できる attributes に特定の値をセットするのは CellBaseController#setAttibute()
  • init() に渡ってくる前に @cell() を呼ぶ際に渡した attributes には getAttribute / getAttributes でアクセスできる
  • 個々の action は最終的に render の際に利用できる attributes に追加すべきデータの array を返す
    • action 固有のものはこの部分だけを見ることでテストできそう
  • 最終的に renderView() から View::make する際に template の存在チェックはしていないので、必ず対応する template を用意する*1

コードで示すとこう

class CellFoo extends CellBaseController
{
  function init()
  {
    // 共通の前処理はここ
    // abstractなので実装しないといけない

    // View から利用できる attribute のセットは原則こう
    $this->setAttribute('key', 'value')
  }

  function action()
  {
    // attributes に追加あるいは attributes を上書きしたい値を返す
    return array('action_key' => 'action_value')

    // setAttribute してもよいが、自動で追加されるし、
    // return する方がテストしやすいはず
  }
}

Action に対応する View は絶対に必要。

views/cells/foo/action.blade.php
Tags: PHP Laravel

*1 どうしてもイヤなら CellBaseController を override しておいて挙動を変えちゃった方がよさそう