トップ «前の日記(2019-02-14) 最新 次の日記(2019-02-16)» 編集

2019-02-15 [長年日記]

_ ESLintでObject.assignを一部だけゴルァできるようになってた

※ "using an object literal as the first argument" でした。literal じゃなかったら怒られないので完全に抑止はできません。

"rules": {
  "prefer-object-spread": "error"
}
Use an object spread instead of `Object.assign` eg: `{ ...foo }`  prefer-object-spread

た、たしかにー。

Object.assign はすでに標準の規格に入っているが、だからこそなのか Babel と ESLint の両方がスルーしてしまい、ちょっとお茶目なブラウザが踏み抜いて死ぬ、ということが起きていてつらかった。

また babel-polyfill で動くらしいことは知っていたのだが、

babel-polyfill 自体がそこそこ大きいのと、2回読み込むと死ぬらしいということで、asset 管理がしっかりしていないところに導入するには結構リスキーな仕様で困っていた。

2019年初頭現在、Object.assign は弾けるようになっていたということだな。知らなんだ。

Tags: JavaScript