Google Apps Script開発にstaging環境を用意してContinuous Deployment

※ clasp になっても基本的な考え方は変わりません。GCP の Project と GAS の Project は概念が異なり、GAS の Project は実行する script そのものに ID が付与され、clasp によるプロジェクトの管理はこの scriptId と紐づけられるためです。2019年末時点では無理に staging 環境を用意するよりも小規模では GAS の version の概念をうまく使うようにした方が全体的には低コストに抑えられそうな気がしています。残る問題は credentials をどの G Suite アカウントで作るべきか、です。ある程度以上の規模の組織で利用するならマシンアカウントを用意すべきでしょう。

背景

  • Google Apps Script 開発もモダンになっており、Git + GitHub + CI/CD な構成は実現できることが分かった
  • でもやはり master ブランチ以外は staging 環境の方へ deploy したい
  • しかし gas-manager などによる Google Drive API を利用した deploy の際には、deploy 先となるプロジェクトの Drive ID が必要になるので、Drive ID の切り替えが必要。しかもこの ID などの情報は JSON ファイル で保存されているのが前提

対処方法の基本的な考え方

  • deploy 前に (gas-managerで言う)gas-project.json や必要となる Spreadsheet の ID を差し替える仕組みを動かす ( preprocess )
  • 実行時に必要なパラメータは実行時にスイッチする仕組みを入れてもよいが、どうせ書き換えが必要な ID があるし、実行時の if スイッチが増えるのはバグが増えるのと同義なので、build 時に書き換えができるようにすればよい

具体的な方法

  1. パラメータの詰まった JSON を用意する
  2. gas-project.json などはこの 1 の JSON と template をもとに upload 前に生成する
  3. Browserify で実行コードを生成する際に、1 で用意した JSON から必要な環境の分だけを抽出した JSON を生成し、これを require する

これで実行時に必要なパラメータは実行時にコードの中に詰まっている状態になる。秘密情報でなければこの方法で埋め込んでしまうのがリーズナブルな解決方法だと思う。

gas-project.json の template は以下のような感じ。{{mustache}}

gas-project.json.mjs

{
  "src": {
    "fileId": "",
    "files": {
      "<scriptname>": {
        "path": "src/code.js",
        "type": "server_js"
      }
    }
  }
}

パラメータの詰まった JSON はこんな感じ。

gas-components.json

{
  "production": {
    "fileId": "",
    "targetBook": ""
  },
  "staging": {
    "fileId": "",
    "targetBook": ""
  }
}

全体像を図にすると以下のような感じ。

GASプロジェクトにpreprocessを入れてstaging環境への切り替えを実現する

More

Categories

Tool 日々 Web Biz Net Apple MS ことば News Unix howto Food PHP Movie Edu Community Book Security Text TV Perl Ruby Music Pdoc 生き方 RDoc ViewCVS CVS Rsync Disk Mail FreeBSD Cygwin PDF Photo Zebedee Debian OSX Comic Cron Sysadmin Font Analog iCal Sunbird DNS Linux Wiki Emacs Thunderbird Sitecopy Terminal Drawing tDiary AppleScript Life Money Omni PukiWiki Xen XREA Zsh Screen CASL Firefox Fink zsh haXe Ecmascript PATH_INFO SQLite PEAR Lighttpd FastCGI Subversion au prototype.js jsUnit Apache Trac Template Java Rhino Mochikit Feed Bloglines CSS del.icio.us SBS qwikWeb gettext Ajax JSDoc Rails HTML CHM EPWING NDTP EB IE CLI ck ThinkPad Toy WSH RFC readline rlwrap ImageMagick epeg Frenzy sysprep Ubuntu MeCab DTP ERD DBMS eclipse Eclipse Awk RD Diigo XAMPP RubyGems PHPDoc iCab DOM YAML Camino Geekmonkey w3m Scheme Gauche Lisp JSAN Google VMware DSL SLAX Safari Markdown Textile IRC Jabber Fastladder MacPorts LLSpirit CPAN Mozilla Twitter OpenFL Rswatch ITS NTP GUI Pragger Yapra XML Mobile Git Study JSON VirtualBox Samba Pear Growl Mercurial Rack Capistrano Rake Win RSS Mechanize Sitemaps Android JavaScript Python RTM OOo iPod Yahoo Unicode Github iTunes God SBM friendfeed Friendfeed HokuUn Sinatra TDD Test Project Evernote iPad Geohash Location Map Search Simplenote Image WebKit RSpec Phone CSV WiMAX USB Chrome RubyKaigi RubyKaigi2011 Space CoffeeScript Nokogiri Hpricot Rubygems jQuery Node GTD CI UX Design VCS Kanazawa.rb Kindle Amazon Agile Vagrant Chef Windows Composer Dotenv PaaS Itamae SaaS Docker Swagger Grape WebAPI Microservices OmniAuth HTTP 分析基盤 CDN Terraform IaaS HCL Webpack Vue.js BigQuery Middleman CMS AWS PNG Laravel Selenium OAuth OpenAPI GitHub UML GCP TypeScript SQL Hanami Develop Document Jekyll