Google Cloud Functions Emulator動かしてみた

なんかいろいろあって Google Cloud Functions 試そうと思って、まずは Emulator 使ってみようと思ったんだけど、試すというよりは動かすまでで力尽きたのでそのメモ。

–local-pathオプションが消えててハマった

Cloud Functions ローカル エミュレータ  |  Cloud Functions のドキュメント  |  Google Cloud

なんかプロジェクトっぽくディレクトリを切って作業する場合、普通はカレントディレクトリにいきなりコード置かないよね。で、その状態だとどうしても deploy できなくて、いろいろ試した結果、

–local-path という option は beta から消えてる

ことが分かりましたとさ。

1.0.0-beta.1 (#177) · GoogleCloudPlatform/cloud-functions-emulator@04ec0b0

なるほど。deploy できるようになって確認すると、マジで急に local-path という「オプション」だけが消えてて、functions list と打った時に出てくる情報としてはやはり Local path のままなので、明確なポリシーじゃないのかな?

この変更は2月に入ってるのにドキュメントが追いついてないし、2018-06-04 時点でまだ Functios Emulator は世界的にも使われてないのか? option が変わるって割と大きな変更だと思うんだけど、話題を見ない。

とりあえず Google には Feedback しといたので、そのうちドキュメントかコードかどっちか分からないけど直るんじゃないかな。

Functionの名前をexportsしろ

Functions のサンプルコードって、こんななんだけど、

exports.helloHttp = (req, res) => {
  res.send(`Hello ${req.body.name || 'World'}!`);
};

Node.js のコードは基本的に書いてこなかったので、exports で名前を明示するのを見る機会が全然なく、なんだこれと思ったわけ。1

で、試してみると名前を明確に exports しないと

$ ./node_modules/.bin/functions deploy hello --trigger-http
ERROR: Error: Node.js module defined by file index.js is expected to export function named hello

という感じで怒られる。

deploy したい function の名前と exports する名前を合わせておけ

というルールらしい。なるほど。

global installはzshと相性が悪い

これは単純にこういう話

$ which functions
functions: shell built-in command

functions-emulator もあるのでそっちが使えるんだけど、すげー長い。じゃあ alias かというと話なんだけど、そこまでやらないといけないってのもちょっとなぁという感じ。

  1. require する側が自由に名前を決められるのがメリットなんだと思ってた。 

More

Categories

Tool 日々 Web Biz Net Apple MS ことば News Unix howto Food PHP Movie Edu Community Book Security Text TV Perl Ruby Music Pdoc 生き方 RDoc ViewCVS CVS Rsync Disk Mail FreeBSD Cygwin PDF Photo Zebedee Debian OSX Comic Cron Sysadmin Font Analog iCal Sunbird DNS Linux Wiki Emacs Thunderbird Sitecopy Terminal Drawing tDiary AppleScript Life Money Omni PukiWiki Xen XREA Zsh Screen CASL Firefox Fink zsh haXe Ecmascript PATH_INFO SQLite PEAR Lighttpd FastCGI Subversion au prototype.js jsUnit Apache Trac Template Java Rhino Mochikit Feed Bloglines CSS del.icio.us SBS qwikWeb gettext Ajax JSDoc Rails HTML CHM EPWING NDTP EB IE CLI ck ThinkPad Toy WSH RFC readline rlwrap ImageMagick epeg Frenzy sysprep Ubuntu MeCab DTP ERD DBMS eclipse Eclipse Awk RD Diigo XAMPP RubyGems PHPDoc iCab DOM YAML Camino Geekmonkey w3m Scheme Gauche Lisp JSAN Google VMware DSL SLAX Safari Markdown Textile IRC Jabber Fastladder MacPorts LLSpirit CPAN Mozilla Twitter OpenFL Rswatch ITS NTP GUI Pragger Yapra XML Mobile Git Study JSON VirtualBox Samba Pear Growl Mercurial Rack Capistrano Rake Win RSS Mechanize Sitemaps Android JavaScript Python RTM OOo iPod Yahoo Unicode Github iTunes God SBM friendfeed Friendfeed HokuUn Sinatra TDD Test Project Evernote iPad Geohash Location Map Search Simplenote Image WebKit RSpec Phone CSV WiMAX USB Chrome RubyKaigi RubyKaigi2011 Space CoffeeScript Nokogiri Hpricot Rubygems jQuery Node GTD CI UX Design VCS Kanazawa.rb Kindle Amazon Agile Vagrant Chef Windows Composer Dotenv PaaS Itamae SaaS Docker Swagger Grape WebAPI Microservices OmniAuth HTTP 分析基盤 CDN Terraform IaaS HCL Webpack Vue.js BigQuery Middleman CMS AWS PNG Laravel Selenium OAuth OpenAPI GitHub UML GCP TypeScript SQL Hanami Develop Document Jekyll