トップ «前の日(12-22) 最新 次の日(12-24)» 追記

2004-12-23

_ あーあぶなかった

昨日は忘年会でした。飲んだ食った喋った。自分は声の通りが悪いので飲み会で喋りすぎると次の日必ず喉が痛い。えへんえへん。

朝方、変に目が覚めたときに職場の加湿器を切り忘れていたことに気づく。やっべー。火事になったらどうしよう。不安で気持ちがもやもやする。もやもやしているのは胃腸もなんだけど。二日酔いってわけじゃないけど体力をアルコール分解に使っているのでとてもだるいし、今行ったってたぶん建物に入れないよなぁ。と思い二度寝。

荷物を二度受け取る。一つは IPA から。あーなんだ、証書ってやっぱくるんだ。なんとなく昔の証書は縦書きだったような気がするんだけど、ひょっとすると気のせいかもしんない。もう一つは山形からりんご。この時期にりんご一箱手に入っても消費できないよ。そういえば amazon で注文した新品の本1冊、古本2冊のうち、古本が1冊きてない気がする。

置いて帰った車を取りに行ったついでに職場へ。案の定出てきている人が居るのでそのまま中へ。おぉ、無事だった。火事にもボヤにもなる気配はまったくない。案外大丈夫なんだなぁと思いながら反省して電源を OFF にして帰る。タイマーでも買うか?

Tags: 日々
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ showchan [りんごを消費したいならジューサーですよ奥さん。]


2018-12-23

_ NetlifyとNetlifyCMSがものすごい

ほんとは去年から気になっていたんだけど、CMS や静的サイトジェネレータから距離を置いていたので今年になってしまった。言い訳まじりに少し触ってみた感想など。

Netlifyがすごい

Netlify: All-in-one platform for automating modern web projects.

確かもともと静的サイト専用ホスティング x 1 は無料で使えるものとして登場してて、フォームとかは有料扱いだったような気がするんだけど、今見ると

Plans and Pricing | Netlify

Site password や Team 管理が不要なら Free のアカウント1つでも、

  • 複数のサイトが作れる
  • 5人まで Identity Free という add-on で共同編集する人を招待できる*1
  • Form も 100 POST まで無料
  • Functions ( Lambda ) も 125k invoke 100 時間まで無料

ということでえーなにこれどこで儲けるの?という感じになっている。

話が前後してしまったが、Netlify の特徴としては

  • Git Backend と協調して自動でサイトに deploy することができる
  • build system が揃っており、Ruby, PHP, Node.js, Go など基本的には設定なしで静的サイトジェネレータを動かせる
  • もちろん以前の revision に revert するのも簡単
  • Custom Domain, DNS, HTTPS, CDN など欲しいものはまず揃っている
  • main ( master ) branch 以外の branch を preview URL に deploy してそこで preview できる*2
  • Incoming Webhook も Outgoing Webhook もある

という、静的サイトジェネレータが動かせてホスティングできるだけでなく、

ちゃんとイマドキのエンジニアが歓喜する機能もサイト制作の workflow も押さえにきてる

非常によくできたシロモノになっている。

NetlifyCMSがやばい

Git-backend + 静的サイトジェネレータの構成で最大の泣き所は CMS である。じゃあ普通の人に GitHub 上で Markdown 編集してくださいで通用するかっていうと、まーそうはいかない。

そして Netlify さんはとっくにそんなものお見通しである。

Netlify CMS | Open-Source Content Management System

NetlifyCMS は

  • サイト上にポンと設置できる(もちろん localhost でも動く部分は動く*3
  • GUI でファイルの内容を編集できる
  • もちろん Git Backend と通信してファイルを更新できる
  • 上で挙げた branch と preview の workflow を支援する
    • 自動で pull-req ができるので GitHub Flow とも矛盾しない

特に最後の workflow 支援が とんでもない ことになっている。従来からよく Web サイトに設置できる GUI エディタというものはあるが、そんな程度ではない。branch で preview の課題をクリアした Netlify には造作もないことなのかもしれないが、これはすごい。やばい。

さらにこの CMS はカスタマイズでき、

  • 静的サイトジェネレータの設定とのすり合わせ
  • Collection という NetlifyCMS 側のコンテンツのカタマリの定義
  • Widget の組み合わせで様々なデータを扱える
    • Boolean, Date, Image, Select, Markdown, String, Text など
    • 頑張れば Custom Widget も作れる

さらに

branch -> pull-req -> preview の流れを Workflow というメニューで隠蔽しつつ支援できる*4

その画面は GitHub Projects や Trello のようである。NetlifyCMS の Workflow で In Review にしている様子

なにこれ。

NetlifyCMSと静的サイトジェネレータの設定のすり合わせが意外と大変

NetlifyCMS は静的サイトジェネレータとは異なる概念で設定を要求するので、一部は静的サイトジェネレータ側との二重管理、一部は NetlifyCMS 独自、みたいな設定になる。

ここはいろいろ各ツールの概念の整理と試行錯誤が必要。

  • 今のところ NetlifyCMS には Data Files という概念はなくてすべて Collection 扱い
  • NetlifyCMS で編集しやすい Widget と Collection の組み合わせが必ずしも静的サイトジェネレータ側で標準的な構成とは合わない

特に Collection は 2018-12-23 時点では folder 一つか、一つ一つの files を個別に指定するかのどちらかしか選べないので、静的サイトジェネレータ側で複数のフォルダ、階層構造になっているものは NetlifyCMS 上で一つの Collection として扱うことができない。

ということは既存のサイトの構成をそのまま NetlifyCMS で編集できるようにしたいと思うとなかなか大変だと思う。

ただ、CMS の考え方としては十分シンプルかつ Workflow まで考慮されていて、これをベースにコンテンツを作っていくのは十分可能な感じがする。仕組みや概念がシンプルに整理されていれば、サイト規模自体は問わない感じだし、どうしても1サイトで扱うのが難しい場合は

Netlify 側の Reverse Proxy の機能を使ってサイトを分割してしまえばよい*5

なんでもあるな、Netlify.*6

しかもですよ、実は Enterprise Plan だと SAML SSO が可能なんですよ。こいつらビジネスよー分かってるわ。

ほんとは Decloupled CMS でなければならない!みたいな気持ちが半分くらいはあったんだけど、ある程度は Netlify にロックインされちゃった方がいいんじゃねーかという気すらしてきた。少なくとも API-only の Headless CMS よりははるかに早く始めることができてすぐに成果が目に見えるようになる。これはめちゃくちゃ強いぞ。

Tags: CMS Web

*1 Git Backend 側で共同作業するならそれも不要

*2 URLは推測しにくいという前提ですね

*3 認証に注意が必要だし、更新するとたぶんややこしい

*4 2018-12-23時点で対応してるのはGitHubのみ

*5 アカウントを増やさずにサイトは分割できる

*6 後日、中の人に聞いたらこのサイト分割の考え方と Identity が per-site add-on であるところに矛盾があって per-account add-on の要望もあるそうだ。確かになぁ。