PubSubHubbub を知る

※ 例によって 2ヶ月前の日記を書いています。

ブックマークだけしてあってよく分からない記事があったのでリアルタイム人力検索(Twitter)に投げてみた。返事が返ってこないことが多いが、今回はかなり正確に検索できた。

10:56:49 >wtnabe< 【急募】PubSubHubbubを140文字以内で説明してくれる人
11:10:31 <rytich> @wtnabe Publisher(公開者)がSubscripter(購読者)に対し
てプッシュで更新を通知するためのhubだバブー (Pubはwebhookでhubに更新を
通知するようです)
11:13:10 >wtnabe< .@rytich あーえーと Web サービス型の RSS リーダの更新
が早くなるよってことですか。なんかそんな気がする。
11:16:05 >wtnabe< Subscriber に POST するってことは少なくとも
Subscriber は常にそれを受け取る準備してなきゃいけないわけで。
11:16:36 <rytich> @wtnabe たぶんそうだと思います! あとRSSリーダは 定期
的に見に行ったりしなくてよくなるので 楽になりそうです
11:20:13 >wtnabe< 乱暴に言うと update ping を集積してクロールの無駄を省
いてくれる hub かな? Publisher はやっぱ hub を認識できてないと早くなら
ないよね。
11:23:06 >wtnabe< えーとそれが livedoor Blog が対応しましたって話か。
blog と reader 両方を持ってるところはそら対応するに決まってますがな、っ
てわけか。

えーと確認のために PubSubHubbub の登場人物を整理すると

  1. Publisher は要はブログ(だけじゃないけど)
  2. Subscriber はフィードリーダ
  3. これの間を取り持つ Hub

で、PubSubHubbub とはこの Hub を定義するプロトコル(?)のことで、Publisher と Subscriber の両方が Hub に「対応」することでかなりリアルタイムに近い通知が可能になるというものらしい。

update ping という言葉はたぶん古くなっちゃってて最近は webhook という言葉に集約されつつあるのかな? いろんなサービスに機能が増えてきているみたい。

ブログとフィードリーダという言葉は分かりやすさのために使っているだけで、こういう形態のサービスに限らずに使えそうな気がする。今後 Publisher の対応は進んでいくだろうから、例えば定期的に scrape して情報を更新する泥臭い作業も Hub -> Subscriber の POST を受け付ける URI があれば無駄がなくなるし速くなるし一石二鳥。1

ということで、いろいろ調べているうちに今回の1つの新しい知識と一緒に2つの疑問が増えた。

  • webhooks
  • reversehttp

今後の課題ということで。ぼんやーりとは想像つくんだけど。

_whyたん

ちなみにこの頃、_why ショックが駆け巡っていた。

11:29:43 >wtnabe< えっ。_why たん。

RSSCloud

[追記]

RSSCloud というものもあって、これと対比させるとより分かりやすいみたい。

個人的には RSSCloud は RSS 2.0 の中に収まっちゃってるのが嬉しくない。RSS 1.0 や Atom にも対応できるのかなぁ?

  1. scrape の必要な情報源が Publisher として Hub に対応してるの?という疑問は当然あるけど、feedに含まれる情報で満足できない場合には重宝すると思う。いっとき feed へのアクセスはちゃんと考えてやれよ(304に対応しろ)という話題もあったしね。 

More

Categories

Tool 日々 Web Biz Net Apple MS ことば News Unix howto Food PHP Movie Edu Community Book Security Text TV Perl Ruby Music Pdoc 生き方 RDoc ViewCVS CVS Rsync Disk Mail FreeBSD Cygwin PDF Photo Zebedee Debian OSX Comic Cron Sysadmin Font Analog iCal Sunbird DNS Linux Wiki Emacs Thunderbird Sitecopy Terminal Drawing tDiary AppleScript Life Money Omni PukiWiki Xen XREA Zsh Screen CASL Firefox Fink zsh haXe Ecmascript PATH_INFO SQLite PEAR Lighttpd FastCGI Subversion au prototype.js jsUnit Apache Trac Template Java Rhino Mochikit Feed Bloglines CSS del.icio.us SBS qwikWeb gettext Ajax JSDoc Rails HTML CHM EPWING NDTP EB IE CLI ck ThinkPad Toy WSH RFC readline rlwrap ImageMagick epeg Frenzy sysprep Ubuntu MeCab DTP ERD DBMS eclipse Eclipse Awk RD Diigo XAMPP RubyGems PHPDoc iCab DOM YAML Camino Geekmonkey w3m Scheme Gauche Lisp JSAN Google VMware DSL SLAX Safari Markdown Textile IRC Jabber Fastladder MacPorts LLSpirit CPAN Mozilla Twitter OpenFL Rswatch ITS NTP GUI Pragger Yapra XML Mobile Git Study JSON VirtualBox Samba Pear Growl Mercurial Rack Capistrano Rake Win RSS Mechanize Sitemaps Android JavaScript Python RTM OOo iPod Yahoo Unicode Github iTunes God SBM friendfeed Friendfeed HokuUn Sinatra TDD Test Project Evernote iPad Geohash Location Map Search Simplenote Image WebKit RSpec Phone CSV WiMAX USB Chrome RubyKaigi RubyKaigi2011 Space CoffeeScript Nokogiri Hpricot Rubygems jQuery Node GTD CI UX Design VCS Kanazawa.rb Kindle Amazon Agile Vagrant Chef Windows Composer Dotenv PaaS Itamae SaaS Docker Swagger Grape WebAPI Microservices OmniAuth HTTP 分析基盤 CDN Terraform IaaS HCL Webpack Vue.js BigQuery Middleman CMS AWS PNG Laravel Selenium OAuth OpenAPI GitHub UML GCP TypeScript SQL Hanami Develop Document Jekyll